転勤による一戸建ての売却をお考えの方へ!

無料査定・相談はこちら

転勤による一戸建ての売却をお考えの方へ!

転勤による一戸建ての売却をお考えの方へ!

2021/09/19

「転勤が決まり、住んでいた一戸建をどのように売却すればいいのか知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
一戸建ての売却は損をしないためにも、ぜひポイントを押さえておきたいですよね。
そこで今回は、転勤の際に売却を行うメリットデメリットについて、また、売却するコツについてご紹介します。

□売却のメリットデメリット

皆さんは転勤の際の一戸建ての売却にどのようなメリットとデメリットがあるとお考えですか。
まず、売却のメリットを2つご紹介します。

1つ目は持ち家を現金にできることです。
現金にすることで、物件の住宅ローンの返済を進めることができ経済的余裕が生み出せます。

2つ目は維持管理の費用や手間がないことです。
売却後は当然管理が不要となるので、それまで費やしていた管理コストを全て無くせます。

次に、売却のデメリットも2つご紹介します。

1つ目は持ち家を手放すことです。
家を手放してしまうと、その後どんなに戻りたくても権利がないため戻れなくなってしまいます。

2つ目は買主を見つける手間がかかることです。
買い手探しは一般に半年ほどの期間がかかってしまいます。
不動産会社にすぐに買い取ってもらう方法もありますが、その場合は仲介手数料が発生するので手元に入る金額が小さくなってしまいます。

以上が売却のメリットとデメリットについてでした。

□売却する際のコツ

ここまで、売却のメリットとデメリットについて解説しました。
これを覚えておくと、大きな失敗は防げるでしょう。
続いては売却のコツについてご紹介します。

売却のコツはズバリできるだけ早く売ることです。
なぜ早く売ることが大事かというと、一戸建ては築浅物件の方が売りやすいからです。
その理由は一戸建ての立地にあります。

一般的に、一戸建てはマンションやアパートとは異なり駅から遠い場所にあるため、購入の判断基準として築年数の占める割合が大きくなってしまうのです。
そのため、転勤期間が未定な人や、将来戻ってくるか分からない人は、なるべく早めに売却すべきでしょう。
以上が売却のコツについてでした。

□まとめ

今回は転勤の予定があり、一戸建ての物件を所持している方に向けて、その売却について解説しました。
一戸建ての売却のメリットとデメリットについて、また、売却するタイミングについて、理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、ぜひ後悔のない売却をしてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。