不動産を買い取ってもらえる?不動産買取のメリットを紹介します!

無料査定・相談はこちら

不動産を買い取ってもらえる?不動産買取のメリットを紹介します!

不動産を買い取ってもらえる?不動産買取のメリットを紹介します!

2021/07/01

皆さんは、不動産を不動産会社に買い取ってもらえる不動産買取はご存知ですか。
不動産買取には、一般的な売却方法である仲介とは違う魅力を持っています。
買取を知ることで、皆さんの選択肢が広がりますので、今回は不動産買取のメリットとデメリット、不動産買取をおすすめできる人の特徴を紹介します。

□不動産買取のメリットとデメリットを紹介します!

不動産買取を深く理解するために、まずはメリットとデメリットを紹介します。

*メリットとは?

1つ目は仲介手数料が不要なことです。
そもそも買取は仲介では無いので、手数料が不要です。
しかし、その分割安な金額での買取になります。

2つ目はお金が手に入るまでの期間が短いことです。
不動産も地域や売り出し価格にも左右されますが、仲介では売り出し開始から制約までの期間は早くても3か月ほどで、長いと1年ほどかかります。
このため、少し安くても良く、早めに売却したい方におすすめです。

3つ目は近所に知られないことです。
仲介の場合は買い手を探すために、広告を掲載します。
そのため、不特定多数の方が見られる状態です。
販売に関する情報が近所に漏れる可能性があるので、知られるリスクがあります。

しかし、買取は宣伝をしないので、知られずに売却できます。

4つ目は内覧の手間が省けることです。
内覧の必要がないので、売却までの手間を減らせます。

*デメリット

1つ目は金額が割安になることです。
買取の場合は、仲介の約8割程度の金額である場合が多いです。

2つ目は買取の対象になる不動産が限られることです。
会社によって傾向は変わりますが、一般的にはマンションの取り扱いが最も多いです。
反対に、一戸建ての住宅は売却するまでの期間が長いので、少ないです。

□不動産買取をおすすめできる人の特徴とは?

それは、主に3タイプあります。

1つ目は不動産を2か月以内に売却したい場合です。
仲介で売却する場合は3か月以上かかります。
それより早く売却したい方は、売却を検討しましょう。

2つ目は旧耐震のマンションを売却したい場合です。
築40年以上のマンションは旧耐震である可能性があり、リフォームが必要な場合もありますが、買取の場合はそのような手間がかかりません。

3つ目は建物部分を解体して更地にしたい場合です。
更地にするには多額の費用が必要です。
それらの必要が難しい場合は、買取も検討しましょう。

□まとめ

今回は不動産買取のメリットとデメリット、不動産買取をおすすめできる人の特徴を紹介しました。
これらの長所短所を理解して、検討しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。