住宅の売却をお考えの方へ!中古住宅の査定のポイントを解説!

無料査定・相談はこちら

住宅の売却をお考えの方へ!中古住宅の査定のポイントを解説!

住宅の売却をお考えの方へ!中古住宅の査定のポイントを解説!

2021/10/05

「中古住宅を売却でできるだけ高い値段で売りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

中古住宅の売却において査定は重要です。そのため、良い値段がつくように査定のポイントを押さえておきたいですよね。
そこで今回は、住宅を売る際の注意点について、また、一戸建ての査定ポイントについてご紹介します。

□住宅を売る際の注意点

皆さんは住宅を売る際どのようなことに注意するべきだとお考えですか。
ここでは4つの注意点をご紹介します。

1つ目は瑕疵担保責任に注意することです。
瑕疵担保責任とは、不動産売却後に見つかった傷などに対し、売り手側が賠償金を払う責務があることです。

2つ目は売るのにも費用がかかることです。
一般的には住宅売却では売却額の5~7%の費用がかかると言われています。
その費用の中には仲介手数料、印紙税、抵当権抹消費用、譲渡所得税・住民税・復興特別所得税などが含まれています。

3つ目は査定前にリフォームしない方が良いことです。
その理由としてリフォームすると数百万円の費用が発生するのですが、その費用以上に高く売れない可能性があるからです。
これでは本末転倒ですね。

4つ目はローンが残っていると売れないことです。
金融機関は借主がローンを返済できないときに住宅を担保にできる「抵当権」を持っています。この抵当権はローンが完済しないと抹消できません。

以上が住宅を売る際の注意点についてでした。

□一戸建ての査定ポイント

ここまで、住宅を売る際の注意点について解説しました。
これを覚えておくと、大きな失敗は防げるでしょう。
続いては査定のポイントを3つにわけてご紹介します。

1つ目は周辺環境です。
主に公共交通機関までの距離、公共施設までの距離、商業施設までの距離などが該当します。

2つ目は立地です。
立地は主に、接道状況(道路にどれだけ面しているか)、土地の形状、隣地の有無、日当たり、風通りによって判断されます。

3つ目は建物の外観・内装です。
築年数、建物の面積、間取りと生活導線、水周りの清潔感、雨漏り、シロアリの被害の有無などが該当します。

以上が3つの査定のポイントについてでした。

□まとめ

今回は中古住宅の売却を考えている方に向けてできるだけ高い値段で売る方法についてご紹介しました。
住宅を売る際はどのようなことに気をつければ良いかについて、また、査定のために気をつけることについて、理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、自分の納得のいく売却をしてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。