老人ホームの入居費用にお困りの方必見!不動産売却で資金作りを行いませんか?

無料査定・相談はこちら

老人ホームの入居費用にお困りの方必見!不動産売却で資金作りを行いませんか?

老人ホームの入居費用にお困りの方必見!不動産売却で資金作りを行いませんか?

2021/09/04

「老人ホームの入居費用について知りたい」「不動産売却の注意点について知りたい」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、家を売却するタイミングと注意点について紹介します。

□家を売却するタイミングとは

家を売却するタイミングは、老人ホームに入るタイミングです。
老人ホームに入ってから、売却したほうが良い理由は4つあります。

1つ目は、売却代金を老人ホームの費用に充てられることです。
実家を売却する場合、買主と直接価格交渉ができるので、希望に近い価格で売れます。
いくらで売れるのかわからない方は、専門家に聞くことが必要です。

2つ目は、家の維持管理費用を支払う必要がないことです。
空き室になれば、定期的な掃除や管理が必要ですし、不審者の被害を受けるリスクが高まります。
税金や保険も支払わないといけないので、家を売却することがおすすめです。

3つ目は、マイホームの場合、売却時の利益が3000万円以下なら税金がかからない特例があります。
しかし、特例を受けるためにはいくつかの条件があります。
よく知られている例としては、空き室になってから3年以上経過したときです。
売ろうか迷っている方は、専門家に早急に聞くことがおすすめです。

4つ目は、家を所有する人が認知症になった場合です。
親が認知症になったら、子供が勝手に家を売却することはできません。
そのため、老人ホームに入る前に売却することが必要です。

□不動産売却時の注意点とは

不動産は、戸建てやマンション、土地によって注意すべき点が異なります。
マンションの場合、同建物の売り出し状況を把握することが必要です。
売り出しが競合すると、「価格の安さ」や「上階」に人気が集まります。

そのため、条件によって全く売れないこともあります。
売れない期間が続くと、売れ残り物件としてみられるため、さらに売れにくくなります。
周辺のマンションの売り出し状況を把握することが大切です。

戸建ての場合、リフォームせずに売却することが大切です。
リフォームすれば、外見や内装がきれいになり、売れやすくなります。
しかし、リフォームでかかった費用を上乗せした金額では売却できません。
長い時間が経過し、家が売れない場合はリフォームを検討する必要があります。

土地の場合、境界線を明確にしておくことが大切です。
境界線が正しく定まっていない場合は、正しい査定額を算出できません。
境界線は、確定測量図で知れます。
近くの法務局やインターネットで入手しましょう。

□まとめ

今回は、家を売却するタイミングと注意点について紹介しました。
家の売却は、自分が不利益にならないように売ることが大切です。
家の売却に関するお悩みや質問等ありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。