不動産売却を行う方へ!ハウスクリーニングが必要かどうかについて解説します!

無料査定・相談はこちら

不動産売却を行う方へ!ハウスクリーニングが必要かどうかについて解説します!

不動産売却を行う方へ!ハウスクリーニングが必要かどうかについて解説します!

2021/08/23

「不動産売却時にハウスクリーニングはした方が良いのか知りたい」「ハウスクリーニングが必要な場所を知りたい」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、マンションを売却する際のハウスクリーニングについて紹介します。

□ハウスクリーニングの必要性とは

マンションを売却する際に、クリーニングする必要はありません。
しかし、買主にきれいな状態で渡したいと考える方は、できる範囲できれいにしておくことが大切です。

ハウスクリーニングが必要な状態は、主に2つあります。

1つ目は、部屋が汚い状態です。
定期的に掃除している方は、クリーニングを必要としません。
しかし、目に余るくらい部屋が汚い状態はクリーニングが必要です。

水回りやカビなど、自分の掃除では手の届かない範囲は、ハウスクリーニングすることが必要です。
カビや汚れが残っているまま、売り出してしまうと買主から値引き交渉が行われます。

2つ目は、築年数が浅いマンションです。
築年数が浅いと、ハウスクリーニングが不要であると考える方も多いでしょう。
しかし、水回りや部屋の劣化が進んでいない分、少しの汚れが目立ってしまいます。
そのため、ハウスクリーニングを行って、部屋に清潔感を与えることをおすすめします。

また、ハウスクリーニングが不要な状態は、主に2つあります。
1つ目は、部屋がきれいな状態です。
部屋を定期的に掃除している方は、クリーニングを必要としません。

自分で掃除できる方は、クリーニング代を支払う必要がありません。
しかし、自分で掃除できない場所などは部分的なクリーニングをすることが大切です。

2つ目は、築年数が古い状態です。
築年数が30年を超える物件は、部屋内の設備を変える必要があります。
また、老朽化が進んでいるマンションを売るためには、耐震性が大切です。
マンションの老朽化によってクリーニングが必要だと感じた方には、ぜひクリーニングすることをおすすめします。

□ハウスクリーニングする場所とは

ハウスクリーニングをした方が良い場所は、主に3つあります。

1つ目は、水回りです。
買主が住宅を見に来た際に、水回りをきれいな状態にしておくと、清潔な印象を与えられます。
水回りのクリーニングは、1万円前後の費用でできます。

2つ目は、キッチンです。
キッチンは、定期的に掃除している方でも気が付かない場所があります。
食事する場所なので、清潔感が特に大切です。
しつこい油汚れや水あかなどをクリーニングすることが大切です。

3つ目は、汚れが頑固な場所です。
自分の金銭面や体力面において、部屋全体をクリーニングすることが難しい場合は、汚れが頑固な場所を掃除することが大切です。

□まとめ

今回は、ハウスクリーニングに関して紹介しました。
マンションを売却する際に、きれいな状態で売り出すことは大切です。
ハウスクリーニングに関して、お悩みや質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。