不動産売却で気をつけることとは?専門業者が解説します!

無料査定・相談はこちら

不動産売却で気をつけることとは?専門業者が解説します!

不動産売却で気をつけることとは?専門業者が解説します!

2021/05/15

不動産の売却の検討されている方はいらっしゃいませんか。

不動産を売却する際には、気をつけるべきポイントがあります。

これらのポイントを把握しておくことで、不動産の売却前や売り出し直後に後悔することは無くなるでしょう。

今回は、不動産を売却する前と売り出し直後に注意することを紹介します。

□不動産を売却する前に注意すべきこととは

不動産を売却する前に注意すべきこととして、3つのことが挙げられます。


1つ目は、適切な売却方法を選ぶことです。

不動産の売却方法は、一般的な不動産売却、不動産会社が買い取る方法、任意売却といったものが挙げられます。

これらの方法から、売主の状況に応じた売却方法を選択することをおすすめします。

不動産をいつまでに売却したいか、売却代金でローンを完済が可能か、といったさまざまな状況を鑑みて、売却方法を決定しましょう。


2つ目は、相場から売却価格を決定することです。

売却価格の決定に際して、近隣の相場を確認することが大切です。

近隣の相場を調べた上で、不動産会社と売却価格を相談するようにしましょう。


3つ目は、不動産売却にかかる費用を把握しておくことです。

不動産の売却に際して、売却にかかる手数料や税金を把握しておきましょう。

一般的には不動産売却額の5パーセントから7パーセントの費用がかかります。

加えて、不動産の売却価格がすべて利益になるわけではないので注意が必要です。


上記3つの注意点を把握して、スムーズな売却手続きを行いましょう。

□不動産の売り出し直後に気をつけたいこと

不動産の売り出し直後に気をつけたいポイントは3つあります。


1つ目は、不動産を綺麗に保つことです。

不動産の状態が綺麗か否かで内覧者に与える印象は大きく異なります。

 

室内を綺麗に掃除し、拭き掃除までしておくことが理想です。

浴室やキッチンといった汚れやすい水回りの掃除は、業者に依頼することもおすすめです。

ハウスクリーニングを行い、内覧者に不動産の清潔感をアピールしましょう。

 

2つ目は、売買契約書の内容に注意することです。

売買契約書には、不動産の売却額や売却時期、明け渡し時期といった情報が詳細に記載されています。

その他にも、買主との話し合いによって合意に至った内容についても記載されています。

口頭での約束は、契約書に記載されることで効力を持ちます。


そのため、口頭での約束の内容が契約書に書かれていなければ無効です。

契約書に判を押す前に内容を注意して読み、確認するようにしましょう。

売買契約書に判を押すと、契約内容の変更は難しいです。

税金の控除を使う際は確定申告が必要なので注意しましょう。


3つ目は、確定申告をする必要があるかを判断することです。

不動産の購入額よりも売却額が上回ると、不動産の販売で利益を得たこととなり譲渡所得税が発生します。

このような場合、控除を利用するには確定申告が必要です。


確定申告を申請することで控除は適用されるので、必ず確定申告を行いましょう。

確定申告のタイミングは家を売却した翌年の2月16日~3月15日の間です。

年度始めに不動産を売却すると、確定申告を忘れてしまう場合があるため、注意しましょう。

□まとめ

不動産を売却する前と売り出し直後に注意すべきことを3つずつ紹介しました。

上記の注意点を意識することは、不動産のスムーズな売却活動につながります。

当社は、不動産の売却に必要な手続きをお客様に寄り添って行ってまいります。

不動産売却を検討されている方は、当社をお尋ねください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。