無料査定はこちら 売りやすい物件と売りづらい物件の違い知っていますか?仲介と買取の違いを知っていますか?高く査定した不動産会社に依頼しても、高く売れない理由は?売却のノウハウ満載サイトを利用して満足いく売却活動をしよう!

トップページ > なぜ業者によって査定価格に差があるのか?

なぜ業者によって査定価格に差があるのか?

業者によって査定価格は違います。理由は2つあります。

一つは、「不動産会社の査定方法」でも書きましたが、独自の売買事例データベースと顧客データベースをもっているかいないかによる部分です。もう一つの理由は、「不動産担当者の性格」です。

査定価格というのは、あくまで「これくらいの価格で売ったらいかがですか?」と、不動産屋さんが提案している金額にすぎません。 楽観的な不動産屋だと、金額を高めにして、「うまくいけばこれぐらいで売れますよ!」という査定金額を提示します。 慎重派の不動産屋だと、「現実的には、このあたりの金額で売却できると思います」と査定金額を提示します。

この2つの理由によって、査定金額は大きく差がでたりするのです。

この査定価格の差を理解すると、「高い金額で査定した会社が、売却のお願いをするのに必ずしも良い会社とは言えない」ということがわかると思います。

数社に査定を依頼することは、絶対にしたほうが良いです。しかし、その査定金額は依頼先を決める材料にはなりません。独自のデータベースをしっかり管理している会社かどうか、それと担当者の対応で今後もしっかり仕事をしてくれそうかを一番の判断材料にするべきです。

そして、売却価格に関しては、売主であるあなたが決めればいいのです。

時間的にゆとりがあり、できるだけ高く売りたい方は高めの売出し価格でスタートするのが良いでしょう。できるだけ早く売却したいという方は、最初から確実に売れそうな金額でスタートするのが良いと思います。

次は、『売却依頼の契約は3タイプ』