無料査定はこちら 売りやすい物件と売りづらい物件の違い知っていますか?仲介と買取の違いを知っていますか?高く査定した不動産会社に依頼しても、高く売れない理由は?売却のノウハウ満載サイトを利用して満足いく売却活動をしよう!

トップページ > 売買価格決定のしくみ

売買価格決定のしくみ

〜実は、不動産を売るときの価格は一つではない!〜

不動産を売却するときに、覚えておかなければならないことが、いろいろな「価格」の意味の違いです。

価格決定図

不動産売却の流れにのりながら、ご説明させていただきます。

まず、最初に「家を売ろう!」と思って、不動産屋さんに相談します。 「このエリアで、この築年数の建物だと○○円ぐらいですね〜」。その時言われる価格が「査定価格」です。 この価格で実際に売れると誤解される売主さんが多いので、しっかり理解してくださいね。 この価格は、あくまで「査定した価格」であり、予想に過ぎないのです。 よって、業者によって価格差がありますが、高い査定が良いというわけではありません。

売主さんは、できるだけ高く売りたいという希望があります。大切な資産ですから当然です。 「○○万円ぐらいで売れると思っていたんだけどなぁ」。このとき売主のあなたが、考えていた価格が「希望売却価格」です。

しかし、売主のあなたも、売れなければ意味がないことをわかってますので、不動産屋さんからの査定価格や近隣相場を考えて、相談した上で、「○○円で売り始めよう。」という価格を決めました。これが、「売出し価格」です。

引越しが半年先で時間にゆとりがあったので、査定価格より若干高く売り出しを開始しました。 何人か見に来るのですが、なかなか申込みがありません。 ここで、価格を見直し、100万円下げて売り出してみました。 すると、「あと50万円安くなるなら買いたい」という買主さんが現れました。 売主さんも早く売りたい気持ちはあるのですが、不動産屋さんと相談して20万円だけなら、金額を下げて契約するということを、買主さん側に伝えました。 買主さんも納得して契約することになりました。この価格が「売買価格」です。

いつまでに売りたいのかを明確にして、どの時期に価格の見直しをするのかを事前に考えておくことが重要です。

次は、『不動産会社の査定方法と「売りやすい物件」』