無料査定はこちら 売りやすい物件と売りづらい物件の違い知っていますか?仲介と買取の違いを知っていますか?高く査定した不動産会社に依頼しても、高く売れない理由は?売却のノウハウ満載サイトを利用して満足いく売却活動をしよう!

トップページ > 仲介と買取の違いは?

「仲介」と「買取」の違いは?

不動産を売却する場合、大きく分けると2パターンあります。 1つは、不動産業者が間に入って、一般の買主を探していく方法で「仲介」といわれています。 もう1つは、不動産業者が、売主さまから直接購入する方法で「買取」といわれています。

不動産仲介図買主と売主の間に入って取引が成立するように話をまとめるのが仲介
不動産買取図不動産業者に直接買ってもらうのが買取

それぞれにメリットとデメリットがあります。

仲介のデメリットは、直接、不動産業者が買取する場合と違って、一般の買主さんを探すので時間がかかる場合があります。

仲介のメリットは、一般の買主さんを探すので買取に比べて、高く売れる可能性が高いです。

簡単にいうと、
できるだけ早く売却してすぐに現金がほしい人は、「買取」
売却まで時間のゆとりがあり、できるだけ高く売却したい方は「仲介」
ということになります。

「買取」だと仲介手数料がかからないから、お得だと思う人がいるかもしれませんが、「仲介」ですすめたほうが実際の手取額は多くなるのが通常です。

例:1000万円で売れる物件の場合
仲介 1000万円−37.8万円=962.2万円
買取 1000万円×70〜80%=700万円〜800万円
※その他印紙代、抵当権抹消費用、測量費用などかかる場合があります。 「買取」は、再販売が目的です。不動産業者は、税金、広告費、その他利益を見込むので通常買取り額は相場の70%〜80%になります。

次は、『売買価格決定のしくみ』